忍者ブログ
写真で綴る日常あれこれ…
| Admin | Res |
<< 06  2020/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




仕事場の本棚にあった絵本。


  ぼく、しょうぼうしに なれるやろか。

  ・・・なれへんかったわ。


  ふなのりは どうやろか。

  ・・・どうも こうも あらへん。


こんな感じの
なかなかユーモラスなお話。

関西弁だから面白く感じるのかな。
教室の子供たちには人気の一冊です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
関西弁
外国の絵本の訳が関西弁なんて
面白いですね^^
関西弁は何となく温かくて
マイナーなことを言っても
マイナーに感じない。
今度本屋で見てみます。
mokoママ 2009/11/03(Tue)11:12:42 編集
mokoママさん
そうなんですよね。
関西弁だからこそ、って感じの絵本です。
焦らずのんびりやっていこうよっていうスタンスもまた
なんだかとても共感できます。
これまた大人にもお勧めの絵本でした。^^
しのぶ 2009/11/03(Tue)16:09:25 編集
霜月     HOME     秋色…

Powered by Ninja Blog        Template by Temp* factory
Copyright (c)Shino*blog All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]